スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画でこのせつSS第七十弾

企画でこのせつSS第七十弾です。

『毎土!このせつSSいかがですか?』


もう10月も終わるんですねぇ。
早いもんですねぇ。
就職活動始まって、涙目です。
昨日も説明会に行ってきたけども。
ほんとどうなるんだろ。

とりあえず、先週のシンケンジャーにはにやにやしっぱなしでした。
内容もなんともいえなくて。
まこちゃん、よかったね!

そんでもって、はやて×ブレードの最新刊も出ましたね。
本誌買うのやめてたから気付かなかった><。
しっかり買いました。
うっかり、「続きが読める」につられて本誌も買っちゃった。
でも、買ってよかった!
だがしかし、次は誘惑に勝つ!
まぁその前にそんな余裕がない(ぁ
最新刊はなかなかに熱い。
というか、最近熱い。
なのに笑えるとは……すばらしいね。



さて今回のお題。
『掲示板』

今回はひとつなのですね。
いくつかお題になりそうなの私も探してみようかな。

今回は中等部あがってすぐ設定。

SSは続きからどうぞ。
最後にコメント返信させていただきました。









決して大きいとはいえないその掲示板は、様々な部活の勧誘ポスターで隙間なく埋められていた。
真新しい制服を着た生徒が、何人もその掲示板に群がっている。
うちも、そんな中のひとり。

初等部から同じ持ち上がり組で、ルームメイトの友人は、お目当ての先生が顧問をしているという部活に一目散に駆けていった。

「このかも来る?」

そう誘われたけど、うちは断った。
京都からこっちに引っ越してきてこの学園に入って、その友人はずっとうちと一緒にいてくれた。
どこにいくにも、なにをするにも。
だから、それもそろそろおしまいにしないとなって。
そう思いながら、中等部にあがった。

でも、部屋が一緒、クラスも一緒。
これで部活動も一緒になったら。

このまま彼女に頼りきりになってしまいそうで、怖かった。
今ならまだ間に合うだろうから。



そう思って、ひとり掲示板の前に立つ。
周りでは、いくつかのグループが楽しそうに笑いながらどこにしようか相談している。
それがちょっとうらやましいと、そう思わずにはいられなかった。

茶道部、文芸部、手芸部……
互いに重なり合うポスターをめくりながら、ひとつずつ見ていく。
運動は苦手だから、文化部を中心に。

気になったのはふたつ。
図書館探検部と占い研究会。
図書館探検部のほうは、体験入部は今日から受付らしい。
占い研究会は明日か。
だったら今日はまず、図書館探検部のほうに行ってみようか。
でも、誰もおらんかったら……。
そもそもなにする部活かよくわからんし。

そう思いながら、一歩掲示板から離れたとき。

目に入ったのは、運動部の勧誘ポスターが中心に貼ってあるところ。
そこで、うちと同じようにひとりで、真剣にポスターを眺めるあの子の姿があった。

声をかけよう。
近づこう。

いくらそう思っても、足は動いてくれなかった。
彼女がそこから立ち去るまで。

彼女がそこから立ち去って、ふらふらと彼女が見ていたポスターの前に。
それを見て、なぜだろう。
ほっとして、思わず笑ってしまった。

「やっぱりがんばってるんやね、剣道」

教室で向けられた態度で、知らない人になってしまったと思っていたけど、それは思い違いだった。
変わらない部分もあった。
とてもとても小さなことだけど、とてもほっとした。

うちにとって、剣道イコールあの子といってもいいほど。
それくらい、そのふたつはセットで当たり前だったから。
真剣な表情で剣道をするあの子が好きだったから。

だから、とても安心できた。



くるりと、そのポスターに背を向けて、図書館島への道を進む。

あの子はあの子の道を進んでる。
ルームメイトも同じ。

だったら、うちも自分で道を作ろう。
まずは図書館探検部。
なにをするか知るために体験入部するんだ。
誰も知ってる人がいなかったら、新しく友達を作ればいい。

うん、きっと大丈夫。
変わらないままではいられない。
変わらないとだめなんだ。

初等部からの卒業から少し遅れてしまったけど、昔の自分からの卒業。

そしたらきっと、いつかは、またあの子と話せる気がした。
ルームメイトにかける迷惑も、少しは減るかもしれない。

そうだ。
どうせなら、この部活、両方とも入ってみようか。
あの図書館島には昔から興味があったし、占いを学んでこれからのことをみてみるのもいい。

そうだ、そうしよう。

いつのまにか、ひとりということも気にならなくなって、図書館島に向かう足取りも軽くなった。








おしまい。

これから後、図書館3人娘との出会うんでしょうね。
捏造万歳←



コメント返信

>まーにゃんさん
こちらこそコメントありがとうございます。
風邪は見事に引いてしまいました;
はやめに治すよう頑張ってます。
まーにゃんさんも風邪にはお気をつけて。
コメントありがとうございました。


>春雪さん
修学旅行前ほどネタに困らないです(笑
いえいえ、ただ成長してないだけですよ。
確かに私も今のせっちゃん見てるとそう思ったりしますが、幸せそうなのでそれはそれでいいものですよね。
いえいえ、感想はいつ頂いても嬉しいものですから。
コメントありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

 
このせつはどうも!

時間軸さえ定めれば後は自由ですからねw
未来は本編に影響されるので、なかなか書けないです(汗)

感想です。

『溶けてしまいそう』2008/8/10

私、小椰さまのSSをもしやずっと読んでいたのでは…(汗)

さて、夏という題材から何を連想するか…という所ではありますが、かき氷は上位に入りそうですね。
そのかき氷を間接ちゅうするとは萌えますww
刹那のヘタレっぷりはいつ読んでも面白いですね♪

ありがとうございました。

『ぱじゃまぱーてぃー』2008/8/16

夏休みというお題で、この内容に辿り着くとは素晴らしいw
刹那視点なのが初々しさを表せて良いですよね!

一番に眠ったのが刹那だとしたら以外です(笑)
でも、それもアリだと思いますww

若いって良いですね!

ありがとうございました。

『懐かしの味』2008/8/24

さっちゃんさまとお題が違うことがあるのですね(汗)

さて、今回はいつもよりも確かに短めですね。

行った場所は喫茶店ですかね。
ぷりんは子供が好きなおやつですから、刹那も木乃香も裏切りなくということですか♪
賑やかな所で遊ぶのも楽しいでしょうが、この二人なら静かにまったりと話すのも良いですね。

ありがとうございました。

ご報告が…。
毎土に初参加することになりました…///
若輩者ではございますが、よろしくお願い致します。
このせつはどうも!

早速感想です♪

『夏の終わりの涼み方』

とても静かな描写からこの作品は始まるのですね。
途中拗ねた木乃香の首筋に、刹那がアイスをくっつけるのに萌えw
首筋と言うのがエr…o(`へ')○☆パンチ!

失礼。一瞬、本性が(ry

木乃香に振り回される刹那が大好きです。

ありがとうございました。

『にがてなものはにがてなんです』2008/9/6

タイトルが可愛いw

銀杏は好き嫌いがハッキリしますからね。
お月様に見られているという発想はあまりなかったです。
ですから、新鮮な気持ちになりました☆

最後の甘くない木乃香は、その分愛情いっぱいで良かったです♪

お題をこのように使うのも良いのですね。勉強になりました。

ありがとうございました。

『無題』2008/9/13

木乃香語りなのですね。
このお話は意外性があって面白かったです。

散歩に誘う刹那や、木乃香が缶コーヒーで刹那がカフェオレの所は本当に以外です。

事件やギャグに持ち込まなくてもSSを書ける小椰さまは素晴らしいです。

これからも頑張って下さい!

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 鏡の世界 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。