スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画でこのせつSS第二十六弾


企画でこのせつSS第二十六弾です。

『毎土!このせつSSいかがですか?』


今日は星やら月やら綺麗に見える日なのに、こちらはあいにくの曇り空です。
切ない。。。


今回はしゅたっとネタが下りてきてくれました。
実は夕飯食べるくらいまで今日が土曜日だって認識なかったんです;
だから、しゅたっと下りてきたものをしゅたっと書かせていただきました。
いつも自分が書くのと少し雰囲気違う気がするのはたぶんそのせいです。






さて今回のお題。

『ぬいぐるみ』『ハンカチ『カフェ』

すっごくしゅたっとネタが降ってきました。
さっちゃんさん、ありがとうございます!


SSは続きからどうぞです。
そのあとに拍手コメント返信もさせていただいてます。









買い物をしたい、というお嬢様のお願いで街のほうまで行くことに。
いつも一緒に行くアスナさんにも声をかけたが、いいんちょさんと約束があるそうで、そのままふたりで出かけることになった。

出てきてすぐ、お嬢様は可愛らしいものが並ぶ店にまっすぐ入って行った。
いろいろ眺めながらたどりついたのは、色とりどりのハンカチが並ぶ棚の前。

「なぁなぁせっちゃん、どっちがええ?」
「どっちといわれましても……」

差し出されたのは二枚のタオル生地ハンカチ。
薄いピンク色のほうには白いうさぎ、薄い黄色の方には白いトリが刺繍してあった。

どちらも可愛らしい。
お嬢様が持つにはどちらもよく似合う。

「一応いっとくけど、せっちゃんのやよ?」

ますます答えはでてこない。
こちらのほうが難しい。
私が持つにはどちらも可愛すぎる気がする。

唸りながら悩んでいたら、くすくす笑い声。

「そんな眉間にしわよせて選ぶもんでもないやんな~」

はっと気付けば、目の前にはクマ。
でも声はお嬢様。

「え、と?」
「ふふ、かわええやろ」
「え、ええ」
「今日はこのこ買いにきたんよ」

青いTシャツに赤いオーバーオールを着た茶色いクマの後ろから、ひょっこり顔をだしてほほ笑む。
クマを操りながら嬉しそうに。

「このこをってことは、前にも来たことあるんですね」
「うん、アスナと。ほら、前にせっちゃん急にお仕事はいったやん」

数週間前に突然の仕事が入って、お嬢様とアスナさんとの約束を果たせないことがあった。
あのときか、と納得していたら、再び差し出されるハンカチ。

「で、どっちする?」

完全に意識がクマに移っていて、すっかり忘れていた。
慌ててもう一度真剣に。

「あー、また眉間にしわ」

クマの手が、眉間……というよりはおでこをつつく。
ふわふわしていて、なんだかくすぐったい。

「そ、そもそもどうして私のを?」

そう問えば、お嬢様はクマとなにやら会話を始めた。

「なんで言われてもなぁ」
体全体でこくこく頷くクマ。
「なんとなくとしか言いようないし」
再び、こくこく体全体でうなずくクマ。
「なんかせっちゃんが気軽に選べる方法ないかなぁ」
体全体を横に傾けるクマ。
これはクマがなにを言いたいのかすぐには伝わってこなかったけれど、お嬢様が小首をかしげているから、おそらくクマもそうなのだろう。

「……っくく」

どうしても無理だった。
こみあげてくる笑いは私の心の中だけでとどまってはくれなかった。

目の前の彼女の頬がぷっくりふくれるのが目にはいるけど、一度出た笑いはなかなか止まらない。

「そんな笑うことないやんなぁ」
体全体でこくこく頷くクマ。

可愛らしいのだけど、どこかおかしくて。

「もうせっちゃんなんか知らーん」

くるっと背中を向けて、クマを手にレジへ向かおうとする彼女のあとを慌てて追った。


結局ハンカチは2枚とも自分で買って、一枚はお嬢様に。
うちがあげるつもりやったのに、とちょっとだけまた頬がふくれた。

帰る前にカフェでお茶でもどうですか、と誘ったら、さっそく袋から出てきたクマが満面の笑みのお嬢様と一緒に体全体で頷いて。

再び笑ってしまった私に、今度は柔らかなクマパンチが飛んできた。




おしまい









コメント返信
>しんちゃんさん
いえいえ、コメントありがとうございます^^
小さいアスナのメガネってどんななんでしょうね?
想像は確かに大変ですねvvv私はなんとかぼんやり浮かばせます。
のどかさんは今は可愛い系ですが美人さんに成長しそうな気がします。
私も拝見しましたvvvこういうのってなんだかいいですよね♪
拍手コメントありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 鏡の世界 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。