スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画でこのせつSS第三十弾

企画でこのせつSS第三十弾です。

『毎土!このせつSSいかがですか?』

実家に帰ってるので、あせりつつの更新です。
隣に親がいて、いつでも覗き込める状況での更新なのです。
まぁ親は私がSS書いてること知ってるのでその辺はいいのですが。
まさかこういう系だとは思ってないだろうから。
でも、このせつ好きなのはばれて・・・・・・。
あれ?ばれてるのかな。
・・・・・・・・・・・・考えないようにします;



さて今回のお題。
『みかん』『曇り空』『北風』

ちょっと苦労しました;
だからいつもと雰囲気違うかも?

SSは続きからとなっております。
最後に次回のお題です。









こたつの布団を肩までかけて、みかんをぱかり。
いらなくなったプリントで折った紙のゴミ箱に、二つ分のみかんの皮。
その上に、もうひとつ分ぱさり。

ひとつつまんで、口に放り込む。

……すっぱい。

はずれ。
さっきのは甘かったのに。

甘く感じたのは、彼女と一緒だったからだろうか。

窓の外、どんよりとした曇り空の下に行ってしまった彼女。
こんなに寒いのに、いつも通りの薄着で出かけていった。
確かに、上着を着ていたら動きにくいだろう。
動くから、寒さなんてすぐに感じなくなるだろう。

時計に目をやると、かれこれ2時間。
1時間かかるかかからないかと言っていたから、もうお仕事は終わってるはず。

彼女は汗をきちんと拭くことをしない。
拭くには拭くけれど、中途半端。

お仕事が終わったら、激しく体を動かすことなんてしない。
そしたら汗なんて、すぐに冷たい北風に冷やされてしまう。

「せっちゃんは北風の恐ろしさを知らんのや」

みかんをもごもごしながら、ぽつりともらす。

すると、ぽすんと頭に衝撃。

「うだうだみかん頬張ってるなら、迎えにいけば?」

差し出されたのは、うちの上着と、彼女の上着。

「私のだと大きいだろうけど、ないよりましでしょ」

にっと八重歯を見せて笑って、上着を押し付けられた。

「ほら、部屋暖めとくからさ」

しぶるうちの腕を引っ張って、こたつから引きずり出すと、その場に彼女が納まった。

「アスナが入りたいだけなんやん」

行った行った、とばかりに手であしらわれた。









部屋の外は、同じ屋内のはずなのに、きんと空気が冷えていた。
思わず体が縮こまる。

誰もいない廊下を、少し大きなコートを手に歩く。

にぎやかな声が聞こえてくる扉の前を、静かに通りずぎる。


屋内と屋外を分ける、最後の扉。
扉の向こうには、曇り空。
風が、枯葉を転がしている。

どうみても、寒そう。

ここで待ってようか。
でも、こういうことは早いほうがいいし。

寒いとわかっているから、なかなか外に出る勇気がでない。

今頃暖かい部屋でこたつで丸くなっているであろうルームメイトが恨めしい。



「あれ、お嬢様?」

頬と鼻を赤くして、白い息を吐く彼女。
うっすら汗がにじんでいる。

思ったとおりの姿に、ため息をついてハンカチをおでこに押し当てる。

「え、あ、あの……?」
「せっちゃんのせいで部屋追い出された」
「えぇ?!」
「う、そ」

ころころ表情の変わる表情がおかしくて笑ったら、今度は困惑顔に。

ひとしきり笑って、頭からコートを被せる。

裾は膝の下。
手は出てこない。
肩の位置はかなりずれている。

やっぱり、ちょっと大きいみたい。

その姿に笑みをこぼしたら、ちょっとむっとした顔で不満をこぼされた。

「暑いですよ」
「すぐ寒うなる」
「走ってきたんですけど」
「北風さん、なめたらあかんよ」
「よく意味が」
「はよもどろ。ここおったら風邪ひくえ?」

これ以降のお話は部屋に帰ってから。
暖かい部屋で、あまいあまいみかんを食べながらでも話せる。

長い袖の中にある彼女の手をとって、暖かい寮の部屋へと向かう。
握った手は、走ったという割にはかなり冷えている。
少しでも暖まればいいと、少しいつもより力をこめた。





おしまい

久々な雰囲気。

次回お題です。
『パズル』『ココア』『犬』

皆様の参加お待ちしておりますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

 
久しぶりにコメしまーす(*^^*)

今回は、このかお嬢様視点で、心あたたまりました。

前から気になっていたのですが
お題って、どうやって決めているんですか(>_<)

よろしかったら、教えてくださいm(__)m

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 鏡の世界 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。