スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画でこのせつSS第三十四弾

企画でこのせつSS第三十四弾です。

『毎土!このせつSSいかがですか?』


筋肉痛に苦しめられてます。
パソコンや携帯打つのも実は結構しんどかったり;
でも、書きました。
書ききりました。

今年のバレンタイン、乗り切ることができました。

さて
今回のお題。

『バレンタイン』

甘いのはやっぱ書くの恥ずかしいです。
ということで、SSは続きからどうぞ。
最後に次回お題。










気付けばもう2月。
彼女と一緒に年越しをして、もうそんなにたつのかと今日の日付を確認する。

2月の……14日。
と、その枠にはなぜか、プリン、の文字。

「龍宮、今日って楓の誕生日……じゃなかったよな?」
「ん?ああ、その日は……って、お前知らないのか?」
「何をだ?」
「近衛だったら絶対外さないイベントだと思ったんだが」
「お嬢様?……あ、バレンタインか」
「そういうことだ」

龍宮はそれだけ言うと、部屋から出て行った。
おおかた、楓のところだろう。

それにしても、

「バレンタインか……」









桜色のハンカチに包まれた小さな四角いチョコレート3つ。

それが、彼女から貰った初めてのバレンタインの贈り物。






「こーのーちゃん」

縁側から名前を呼ぶと、障子のむこうから、ひょっこり顔がのぞいた。
ほっぺたをちょっと赤くして、いたずら笑顔。
このちゃんの笑顔は好きだけど、いたずら笑顔はちょっと苦手。
楽しいこともあるけど、あまりいいことやない時もある。

だから、ちょっとだけおそるおそる……。

「な、なにやってるん?」

聞いても、へへーって笑うだけ。
首をかしげたら、おいでおいでって手まねきされて。
普段はここからあがることはしないけど、気になって仕方がないから靴を脱いでお屋敷にあがる。

「なぁに、このちゃん?」

向き合って立って、もう一度首をかしげる。
このちゃんはくすくす笑うばっかり。
ちょっとだけ、おもしろくない。

と、背中になにか隠してるのに気がついた。
うちのほうがちょっとだけ背が高いからわかった。

「なに隠してるん?」

そう聞いたら、慌てたようにぎゅっと右手を背中にまわした。
顔をみても、逸らされる。

そうされると、ますます気になる。

ひょいっと背中を見ようとしたら、すっと逃げられた。
何度やっても、それをみせようとしてくれない。

「なんで隠すん?」
「せっちゃんが見ようとするから」
「……うちは見たらだめなん?」

その質問に、このちゃんは慌てて首をふる。

「えと、その、せっちゃん今日何の日か知ってる?」

今日?
2月の14日。

わからない、との意味を込めて首をかしげる。
そしたら、ちょっとまたいたずらな笑みを浮かべてすっと背中にまわしていた手を差し出した。

このちゃんの手には桜色のハンカチ。

「これ、隠してたん?」
「ううん……はい、せっちゃんに」

渡されたハンカチを両手で受け取ると、その拍子に、ふわりとハンカチがめくれた。

「ちょこれーと?」

四角い小さなチョコレートが3つ。

よくおやつででてくるやつだ。
このちゃんも好きなおやつ。

「今日な、バレンタインっていって、好きな人にチョコレートをあげる日なんて」
「好きな人に?」
「うん、だからせっちゃんにあげる」

このちゃんの嬉しそうな笑顔に、うちまで笑顔になった。

「ありがとうこのちゃん」

お礼を言って、そのチョコレートを眺めていて気がついた。

「うち、このちゃんにあげるの持ってない……」
「ええよ、せっちゃん知らんかったんやから」
「でも」

それはだめ。
うちもこのちゃんのこと好きだから。
だから、あげられないのはだめ……。

「あ、」
「どうしたん?」
「3月!」
「3月?」
「3月にな、このチョコのお礼する日があるみたいなんよ。せっちゃん、その時にくれたらええよ!」

目をきらきらさせて嬉しそうに跳ねるこのちゃんを見て、うちまでなぜか嬉しくなった。









あのチョコレート、たしかなかなか食べられなくて、いっつも眺めてたっけ。

なんて浸っていたら、携帯が振動した。
小さな画面には彼女の名前。

タイミングのよさに、思わず小さな笑みがこぼれた。




おしまい。




自分では甘いものが書けないと思い知らされました。
その結果が幼少時代です。


次回お題。
『ファッション誌』『水音』『寝不足』


スポンサーサイト

コメント

 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 鏡の世界 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。