スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画でこのせつSS第三十八弾


企画でこのせつSS第三十八弾です。

『毎土!このせつSSいかがですか?』


最近別漫画の熱が半端ないです。
おかげで、ゲームと録画アニメがたまってます。
おかげでゲームは父に追い抜かれました。
私はまだ一人しか攻略してないのに、三人目だそうです。


あ、これを言っておかねば。
小椰としてシリアスを書くのは自分で許せないので今まで通りです。
この名前の時はのほほんでありたいんです。
けど、まーどこかでのほほんとしてないやりたいことも、やり続けてると思います。
我慢はできないんで。
結構、自分にとって名前の力ってでかいんですよね、うまく言えないけど。



さて今回のお題。
「ホワイトデー」

ほんと忘れてて、教えてくださった方に感謝です。
来週土曜日はなにもないです……かね?


SSは続きから。
最後に次回お題となっております。

珍しく、唸りながら机に向かうルームメイト。
期末テストも終わったのに、なんて思いながら机の上を覗き込んで納得。

「あー、もうそんな時期なんや」
「わっ、ちょ、このか……もー、のぞかないでよね」

慌てたように机の上を腕で隠すけど、もう遅い。
ばっちり見えた、『ホワイトデー特集』の文字。
じっと彼女の顔を見れば、ちょっと赤くなって視線をそらした。

「うち、明日菜とはバレンタインにチョコ交換したと思うんやけど?」

ちょっと意地悪さをこめて言うと、じっと睨まれた。
これ以上いじけられると、あとあと面倒だからもういじらないから、と手で制す。

「って、ホワイトデーって」
「うん、今日」
「……」
「そんな目で見ないでよ、わかってるから」

溜息をついて、再び雑誌に集中する。

うちが用意するのはいつもバレンタインの方。
ホワイトデーは、いつも貰う方。
ずっと昔に、これは決まったこと。






「あれ、せっちゃん?」

お庭でせっちゃんが遊びに来るのを待ちながら毬で遊んでいると、門の外に小さな影が見えた。
名前を呼びながら手を振ると、ちょこんとでていた頭がさっと隠れる。
いつもなら、すぐにせっちゃんも駆け寄ってきてくれるのに。
不思議に思いながらも、毬をその場に置いて駆けよった。

「せっちゃん、こんにちは」
「こ、こんにちはっ……」

せっちゃんの目の前にでていくと、慌てたように手を後ろに隠した。
きょときょとして、うつむいたまま目も合わせてくれない。

昨日、うち何かしたかな……。

考えるけれど、なにも思い浮かばない。
帰る時も、笑ってばいばいって言ってたし。

「あ、あの……」

考えていたら、声をかけられ慌ててせっちゃんを見る。
さっきまでのきょときょとした様子はなくて、真剣にうちを見てた。
だから、うちも真剣に、気をつけの姿勢。

「……」
「……?」

いくら待っても、せっちゃんの口から何も言葉は出てこない。
何かを、言おう言おうという様子だけはわかるのだけれど。

「んー、とりあえず、あそぼ?」

じっとしてるだけの時間はもったいないから。
せっちゃんが言える時に、言ってくれればいいなって思ったから。
まずは遊ぼうって、手を差し出した。

「えっ……と?」

差し出した手には、せっちゃんの手じゃなくて小さなお花。
せっちゃんの顔と、その花を見比べる。

「まだ、うちの誕生日には早いえ?」

ぶるぶると、勢いよく振られる首。
誕生日を間違えたのかと思ったけど、違うみたい。
じゃあどうして?
首をかしげて聞くと、さっきでの緊張気味だった顔がほにゃりと崩れた。

「チョコのお返し。このちゃん、三月にお返しする日があるって教えてくれてたから」
「あれって、今日なん?」
「うん!このちゃんのこと、大好きやから、早くお返し渡したかったんやけど、おししょーさまが今日まで待ちなさいって」

渡せてよかった、ってすごく嬉しそうに笑う。
うちが喜ぶ前に、あまりにせっちゃんが喜ぶから、ちょっと喜ぶタイミングを外してしまった。

「せっちゃん!」

ぴょんぴょん跳ぶせっちゃんを、ぎゅって捕まえる。

大好き、と、ありがとう。

大事な言葉を伝えたら、せっちゃんもぎゅってしてくれた。








あの日からかな、バレンタインにうちがあげて、ホワイトデーにせっちゃんがくれるようになったのは。
うちがバレンタインデーを覚えててホワイトデーを忘れるように、せっちゃんもホワイトデーを覚えててバレンタインのことを忘れてる。
それくらい、自然なこと。

「あー、もう、ちょっとこのか、相談のってー」
「はいはい」

はじめからそうすればいいのに、と思って立ち上がると、規則正しいノック音。
思わず明日菜と顔を見合せて苦笑。

ごめん、アスナ。
相談には乗れそうにないみたいや。




おしまい。



ホワイトデーと対にしてみました。
結構悩んだけどあっさりいってよかったです。
アスナの相手は想像にお任せします。


次回お題
「空耳」「願掛け」「裏返し」

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 鏡の世界 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。